WORKS

Tags
plus plus minus minus
Cloud Integration

AWSスケールモデル対応及び運用管理サービス導入プロジェクト

2018年夏季アニメ放映に備え、既存で利用されていたAWSのEC2インスタンスのオートスケーリングを実装いたしました。

また、その他関連するAWSリソースの利用率、障害状況などを可視化し、24時間365日での監視対応を行い、コミュニケーションツールでの運用管理サービスを提供しております。

プロジェクト名・製品名
AWSスケールモデル対応及び運用管理サービス導入プロジェクト
クライアント
株式会社ホビージャパン
技術
AWS
担当範囲
コンサルティング、インフラ実装、運用
開発メンバー
北原、松尾
開発期間
約1ヵ月

STORY

課題・お客様からの要望
株式会社ホビージャパン様では、すでにAWSを利用されておりましたが、2018年夏季アニメ放映時におけるサイトへのアクセス増加を想定した、構成およびリソースの見直し・対応をご相談頂きました。
また、アクセス・リソース状況なども可視化されておらず、障害発生時の調査に時間がかかること、夜間の障害対応が必要となることも課題となっていました。
ポイント
  • ・アクセス高騰時においてもスケーラブルに対応出来るリソースの提供
  • ・アクセス状況、リソース使用量の可視化
  • ・AWS運用管理サービスの導入による運用負荷軽減
解決方法
オートスケーリング機能によるアクセス高騰時にサーバを自動的にスケールアウト・スケールインする仕組みを導入し、アクセス増加に耐えられる構成に変更いたしました。
アクセス状況やリソース使用量においては、モニタリングツールとコミュニケーションツールを導入し、障害発生時には原因箇所やリソース状況をすぐに検知・通知を行い、常に状況を把握出来る環境をご提供いたしました。
導入効果
オートスケーリングの導入により、アクセス数の高騰時においても、Webサイトが確実に閲覧できる環境を構築したことで、2018年夏季アニメ放映日をアクセス増加にも障害なくサービス提供できました。
また、アクセス・リソース状況なども可視化と障害検知・通知の導入により、障害発生時の調査にかかる時間やご担当者様の時間外対応を減らすことができました。
お客様の声
以前よりAWSを利用してはいましたが、管理も自前のためトラブルが起こるたびにサーバーと格闘する日々から開放されました。
以前はサーバー負荷が上がるたびにヒヤヒヤしながらCloud Watchのページを眺めていたものですが、現在はフォージビジョン様にケアをしていただき、アクセスの多いときも安心して惰眠を貪れるようになりました。本当にありがとうございます。
View More
more more