WORKS

Tags
plus plus minus minus
VR

並木ハウス今昔比較VR

手塚治虫氏が暮らしたアパートとしても知られる「並木ハウス」の内覧体験ができるVRコンテンツを開発しました。
Starline株式会社様と共同開発を行い、弊社ではシステム開発を担当しました。

プロジェクト名・製品名
並木ハウス今昔比較VR
クライアント
Starline株式会社
技術
Unity
担当範囲
システム開発
デバイス
HTC VIVE Focus
開発メンバー
石井、藤田

PRODUCT DESCRIPTION

リリース日
2020/01/29
商品公式サイト
商品説明
登録有形文化財「並木ハウス」の内覧体験ができるVRコンテンツです。
建物周辺や入居者以外の立ち入りができない内部の様子を、過去と現在の姿を比較しながら観賞できます。
また、ナレーションと字幕は日本語と英語に対応しています。
雑司が谷案内所にて展示されています。
開発のこだわり
「歩ける全天球動画」(特許第6503098号)の技術を使用したコンテンツです。
View More
more more