WORKS

Tags
plus plus minus minus
VR

阪神高速技術株式会社様向け安全教育VR

阪神高速技術株式会社様からのご依頼で、安全教育VRコンテンツを開発しました。

株式会社積木製作様と共同開発を行い、システム開発を担当しました。

プロジェクト名・製品名
阪神高速技術株式会社様向け安全教育VR
クライアント
阪神高速技術株式会社
技術
Unity
担当範囲
システム開発
デバイス
HTC VIVE
開発メンバー
長谷川、加藤、石井、藤田

PRODUCT DESCRIPTION

リリース日
2019/01/25
商品説明
工事を実施する際の「作業責任者」と「誘導員」の役割を疑似体験できる教育コンテンツです。
体験者が取る行動により、「事故が発生する」もしくは「事故を回避する」結果に分岐が起こります。
事故を未然に防ぐためにはどのような行動を取ればよいのかを体感しながら学ぶことができる内容になっています。
開発のこだわり
フルCGで映像を制作しているため、複数の視点からの映像を用いて状況説明を行うことができました。
また、役割の人物に憑依をする演出によって、より当事者意識を持って体験をすることができます。
View More
more more